ゆうやく?かんにゅう?作家ものの器の特徴

モノナナイロで多く取り扱っている作家さんの器。

どれもひとつひとつが手作りのため、どの作品も1点ものの良さがあります。

日本の陶芸作家さんの器は、和食器の作り方をベースにしているものが多いため、和食器に現れる特徴を覚えておくと、もっともっと作家さんの器を楽しむことができますよ。

和食器によくある特徴

形の個体差

辻本路 花 箸置き

まず、手づくりの器と言えば形の個体差です。

器は、ろくろや手びねり、石膏型を使って成形されるのが一般的ですが、どの作り方もひとつひとつ手仕事なので、歪みや大きさなど形の個体差が生まれます。

水谷和音 鎬丸マグ

鎬(しのぎ)のような装飾も、彫ったり削ったりして器の面白味を作り出していきます。

そのため、どれも微妙な違いが生まれ、量産品にはない人の手の温かみが生まれるのです。

釉薬のムラ、釉だまり

釉薬のムラ

ヤマシタマユ美 しのぎティーポット

SAKUZAN/作山窯 SaraオーバルプレートM

作家さんの器でよく見られるのが、釉薬のムラです。

釉薬(ゆうやく・うわぐすり)とは、水分が染み込むのを防ぐために、素焼きした器の表面に掛けられるガラス質の薬品です。器のコーティング剤のようなものですね。

これらの釉薬は液体のため、器に掛けた釉薬がとどまらずに流れ、ムラになる場合があります。

これらの現象も手仕事ならでは。温かみのある現象として楽しみます。

釉だまり、釉薬だまり

原田奈央 ブルームオーバルプレートM

釉だまりも釉薬のムラと同じく、流れた釉薬が溜まって色濃くなった部分を言います。

器の立体感や、色の濃淡を楽しむことができます。

鉄粉

浦川友紀 水玉小鉢

鉄粉は、陶土や釉薬に含まれる鉄分のことを指します。

土の中にはいろいろな成分が含まれており、鉄分もそのうちの一つです。

この粒々とした黒い点が、土らしいとかえって好まれ、あえて鉄分を取り除かずに表現する作家さんも多いのです。

ピンホール

浦川友紀 白いケーキ皿

ピンホールは、素地や釉薬についたほこりが焼成時に焼かれてできた小さな穴ことを指します。また、釉薬の撹拌(かくはん)中に入った気泡が穴になる場合も指します。

貫入

はなクラフト 3寸輪花小皿

貫入は、器の素地と釉薬の収縮率の違いによって生まれる、細かいヒビのこと。

焼成後、器が冷えて固まる際、素地と釉薬では収縮度が違うので、このようなヒビが入るのです。

この貫入も昔から好まれる自然現象のひとつです。

はなクラフト 3寸輪花小皿

はなクラフトさんの「墨入貫入」のように、あえて貫入に墨を入れて、貫入のヒビを模様のひとつとして表現する場合もあります。

貫入の入った器は、使うごとに貫入部分に色が入り込み、自分だけの味わい深い器へと変化していくので、器を育てる楽しみを感じられます。

ちなみに、 貫入に色が入っていくのを好まれない方は、使う前にしっかりと目止めをすると、色が付きにくくなりますよ。

器の特徴を知って、自分だけのお気に入りの1品を!

まだ、器について何にも知らない頃、わたしは器の色ムラや、使うごとに色が付いていく貫入をとても気にしていたのです^_^;

でも、それらを「手仕事の温かみや景色」として知ることで、器の「見どころ」というものを大切にするようになりました◎

作家さんの器は、量産品にはない表現方法がたくさんあるので、これは!というお気に入りの1品を見つける楽しさがあります。

みなさんも、作家さんの器の性質や特徴を知って、自分なりのこだわりある器を探してみてはいかがでしょうか?

monoananiroスタッフのアサヤマです♪
ハンドメイドのうつわやこだわりのある雑貨ものが大好きです。民芸もののうつわも好き。
ブログを通して作家さんのうつわやこだわり雑貨を、みなさまと一緒に楽しんでいけたらと思っています!