テキスタイルデザイナー青山佳世さんのやさしい布小物の世界

先日、布を取り扱うイベントを訪れた際、明るく楽しい柄が印象的なテキスタイルが並ぶお店を見つけました。

よく見ると、絵本の世界のように、かわいくてやさしい柄の布小物がいっぱい!

こんなにかわいい布小物、ぜひモノナナイロで取り扱いたい!と思い、作り手のテキスタイルデザイナー青山佳世さんにご連絡したところ、快くお取り扱いを承諾してくださいました。

ふわっとした笑顔が素敵で、作品から感じる温かさがイメージ通りの青山さん。

そんな青山さんの素敵な作品たちが、ついにmononanairoに登場です♪

テキスタイルデザイナー青山佳世さん

スウェーデンでテキスタイル柄を学び、フリーのテキスタイルデザイナーとして活動されています。

自然や日常にあるものをモチーフに、鉛筆や絵の具で表現される手描きの線や、自然な塗りムラを表現したデザインが魅力です。

“生活の中に草花を飾りたいと思うように、見ていて心地の良い柄を生み出していきたいです。”

そのようにおっしゃる青山さんの生地や布小物は、暮らしの中にやさしい色どりを添えてくれます。

【青山佳世さんのプロフィール】

名古屋生まれ

スウェーデンヨーテボリHDK大学にてテキスタイル柄のデザインを学ぶ。

2012年よりフリーの活動を開始。

東京都在住

手描きだからこそ表現できる、素朴な温かさ

ハンカチ skirt

生地に図案をそのまま手描きしたような、青山さんのデザインは、絵の具の塗りムラや鉛筆の線など、手描きならではの素朴な温かみを大切にされています。

柄のモチーフは植物、マッチにスカート。

自然や暮らしの中にある有機的なものを柄のモチーフにしているそうです。

それらを手描きで表現したデザインは、違和感なく、すんなりと私たちの生活に馴染んでくれます。

また、スウェーデンでテキスタイルのノウハウを学ばれた青山さんのデザインは、北欧デザインらしい明るさやほっとする心地よさも感じるのです。

お花を飾るように、暮らしを飾る青山さんのテキスタイル

手前:ポーチ flower ball 奥:garden

ハンカチやポーチは、毎日使う身近な日用品。

ふとバッグやポケットから取り出したり、洗面台やテーブルに置いたりと、ハンカチとポーチは日常生活の中でお目見えすることが多いものです。

そんな身近な日用品が、自分のお気に入りの柄だったら、暮らしがいつもより楽しくなりますよ♪

ハンカチ forest

“生活の中に草花を飾りたいと思うように”、暮らしを飾るアイテムのひとつとして

青山さんのテキスタイル小物を取り入れてみてはいかがでしょうか?

青山佳世さんの商品ページ

monoananiroスタッフのアサヤマです♪ ハンドメイドのうつわやこだわりのある雑貨ものが大好きです。民芸もののうつわも好き。 ブログを通して作家さんのうつわやこだわり雑貨を、みなさまと一緒に楽しんでいけたらと思っています!